問題集・参考書

「英語頻出問題総演習」はこう使え!問題数、特徴まとめ

英語頻出問題総演習-サムネイル

受験生なら誰もが知っている「英語頻出問題総演習」、略して「英頻」の問題数や特徴についてまとめました。同じシリーズの「英頻740」や「基礎英頻」とは明らかに異なる構成なので、この記事を読んでから使うかどうかを決めましょう。

 

構成と問題数

問題数は以下の通りです。

英語頻出問題総演習-問題数

ものすごい問題数ですね(笑)。これだけあれば文法系は十分でしょうね。

同じシリーズの「基礎英語頻出問題総演習」と比べると重要構文の問題、重要イディオムの問題、語彙の問題がかなり増量されています

ちなみに英頻3部作の「英語頻出問題740(英頻740)」は800問、「基礎英語頻出問題総演習(基礎英頻)」は約1700問です。

 

「英頻740」と「基礎英頻」には口語問題や発音・アクセント問題用にCDがついていましたが、この「英語頻出問題総演習」にはついていません。

 

問題タイプも上位校向けの内容になっている

掲載されている問題タイプも「英頻740」や「基礎英頻」よりも種類が豊富です。

各章の問題タイプごとの問題数をまとめてみました。

 

英語頻出問題総演習-第1章-問題数 英語頻出問題総演習-第2章-問題数 英語頻出問題総演習-第3章-問題数 英語頻出問題総演習-第4章-問題数 英語頻出問題総演習-第5章-問題数 英語頻出問題総演習-第6章-問題数

これだけの問題タイプが掲載されている問題集は他にないのではないでしょうか。これは明らかに「英頻740」や「基礎英頻」とは構成が異なります。

上位校の文法問題は多岐に渡りますが、この問題集ならそれに十分対応することができます。

出題傾向がわかっている場合は、逆にTooMuch(多すぎ)かもしれませんね(笑)。

 

あと、上記の問題タイプ別問題数の表を見ればわかると思いますが、本書は基本的に問題タイプごとに並んでいます。ここも「英頻740」や「基礎英頻」とは異なりますね。

 

難易度

適正偏差値としては60〜だと考えておけばOKです。

総問題数の多さもそうですが、構文やイディオム、語彙の問題の多さ、問題タイプの多さがそれを物語っています。

構文、イディオム、語彙力は文法問題を解くということだけではなく長文読解でも活躍する知識です。上位校になるほどそれらの知識が必要になってきます。

 

一通り文法を勉強してから使ったほうがいい

英語頻出問題総演習-問題 英語頻出問題総演習-解説

解説はあっさりしているので、文法を体系的に学べるような構成にはなっていません。

ですので本書は文法を一通り勉強してから使うようにしましょう。

 

まとめ

さいごにまとめておきます。

  • 問題数は約2400問
  • 適正偏差値は60〜
  • 問題タイプが豊富
  • 問題タイプごとに並んでいる
  • 口語問題・発音問題・アクセント問題は音声CDなし
  • 一通り文法を勉強してから使うと良い

 

英頻3部作の「英語頻出問題740」と「基礎英語頻出問題総演習」については以下の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
英語頻出問題740-サムネイル
「英語頻出問題740」の難易度、特徴まとめ「英語頻出問題740」についてまとめました。一口に文法問題集といっても、どんな問題がどれだけ掲載されているのか、解説はどのくらい詳しいのかなどによって用途が異なるので、この記事を読んで本当に使うべきかよく考えてみましょう。...
あわせて読みたい
基礎英語頻出問題総演習-サムネイル
「基礎英語頻出問題総演習」の難易度、特徴まとめ「英語頻出問題総演習」についてまとめました。一口に文法問題集といっても、どんな問題がどれだけ掲載されているのか、解説はどのくらい詳しいのかなどによって用途が異なるので、この記事を読んで本当に使うべきかよく考えてみましょう。...

 

英頻3部作を比較した記事もあるのでこちらもどうぞ。

あわせて読みたい
英頻3部作-サムネイル
英語頻出問題(英頻)3部作を徹底比較!受験生なら誰もが知ってる「英頻」についてまとめました。3つのレベルに分かれていますが、具体的に何が違うのか、問題数や掲載されている問題タイプなど詳しく解説してあります。後半では英文法の問題集は結局どれが良いのか、についても解説してあるので参考にしてください。...
Twitterで質問受付中!

受験勉強や教材などについて質問や相談がある方はTwitterをフォローしてからDMしてください!24時間以内に返信するようにします!

 @hiro_studishのプロフィール