大学入試新制度/新共通テスト/民間英語試験

共通テスト、英語民間試験に対する九州大の対応(随時更新)

共通テスト、英語民間試験に対する九州大の対応(随時更新)、アイキャッチ

共通テストの記述式問題、英語民間試験の利用について九州大の対応について2019年10月時点で公表されている情報をまとめました。受験生はぜひ参考にしてみてください。

新共通テスト、英語民間試験に関しては以下の記事も参考になると思います。

文科省CEFRのコピー
新大学入試で利用される英語民間試験まとめ(随時更新)2020年(令和2年)からスタートする大学入試で利用される英語民間試験の情報をまとめました。各試験の料金、試験内容・方式、スコアなど受験...
これさえ読めばわかる!新共通テストの重要ポイント、アイキャッチ
これさえ読めばわかる!新大学入試制度の重要ポイント2020年から始まる新大学入試制度のポイントをまとめました。大きく変更されるのは英語と数学。特に英語は民間試験の利用が広がるので注意が必...

まだ確定してない部分もあるので、わかり次第、加筆修正していきます。

*追記
2019年11月1日のニュースで、英語民間試験の実施延期が決まったと報道がありました。文科大臣によると2024年(令和6年)の実施に向けて改めて検討するようです。いやー良かったですね。あとは共通テストの記述問題がなくなればさらに良いんですけどね。参考:NHK WEB NEWS、萩生田文科相 英語試験 抜本的に見直し 5年後実施に向け検討

英語民間試験について

九州大は以下のように公表してます。

 

九州大学では、2021年度入学者選抜(2020年度実施)の一般選抜における全学部の出願 資格として、次のいずれか(1または2)が必要となります。

1.「大学入試英語成績提供システム」における CEFR 対照表「A2 以上」の成績 ※ 受験上の合理的な配慮等を受けて収めた成績を含む。

2.上記「1」を有しない場合は、次の理由書
(1)病気や障害などによって英語の4技能の証明が困難な者 → 「出願資格(英語要件)に係る理由書」(様式1)と「診断書」(様式2)を提出し てください。
(2)上記の(1)以外の事情により「大学入試英語成績提供システム」における CEFR 対照 表「A2 以上」の成績を出願資格として示せない者 →「出願資格(英語要件)に係る理由書」(様式1)と「英語力についての証明書」(様 式3)を提出してください。

出典:2021年度の入学者選抜(一般選抜)における「大学入試英語成績提供システム」 の成績利用に係る出願資格の確認方法について

 

九州大は東大と基本的に同じようで出願資格として利用するようです。合否には使わない模様。

記述式問題について

共通テストの記述式問題についてはこんな感じ。

 

一般選抜の全志願者に、記述式問題(国語、数学)を課します。具体的な加点の方法については、今後決定します。

出典:同上

とりあえず、記述式問題は使うけど加点方法はまだ決まってないようです。

 

ということで九州北の現時点での対応はこんな感じですね。東大、京大と比べるとやや静観気味ですね。

新共通テスト、英語民間試験に対する東大の対応、アイキャッチ
新共通テスト、英語民間試験に対する東大の対応(随時更新)共通テストの記述式問題、英語民間試験の利用についての東大の対応について2019年10月時点で公表されている情報をまとめました。受験生はぜ...
生徒募集!

2018年度の受験生の指導がだいたい終わったので新しく生徒を募集したいと思います。残り枠わずかなのでお早めに。

 

  • 募集人数:5名 残り1名
  • 対象学年:中学生、高校生
  • 指導科目:英語、数学、物理、化学
  • 指導形態:Skypeによるオンライン指導
  • 指導曜日・時間:要相談
  • 料金:1時間5,000円
  • 体験指導あり

 

まずは体験指導から。ご希望の方は以下のお問い合わせページからご連絡ください。

お問い合わせ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA