脳トレIQクイズ

twitterで拾った図形問題その1(4つの正方形)

twitter-math-4-squares

twitterでたまに図形の問題が流れてくるんですが、今回は最近流れてきた中で面白かったものを解説します。元ネタを少し改変してますが、そのほうが面白いのでぜひ挑戦してみてください。

問題

twitter-math-4-squares

4つの正方形がある。3,12,27の数字はそれぞれ面積を表している。このとき緑色の正方形の面積はいくつか?

三平方の定理を使えばすぐ解けるのは見た瞬間わかるので、小学生の知識だけで解く方法を考えてみてください。

元ネタ

元ネタはこれ。

 

 

コメ欄はほとんどピタゴラで解いています。ちなみに、左下の面積12の正方形は無くても解けるので、私の問題設定では無くしました。解くために必要な最低限の情報だけ与える、というのも良い問題の条件だと思うので。

以下で解説してあるので、見たい方はどうぞ。自分で考えたい方は見ないほうが良いですね。

 

解説

ポイントは「辺の長さ」と「面積」の関係を利用することです。

twitter-math-4-squares-answer1

面積3を基準に考えると12は4倍、27は9倍となっているので、辺の長さがそれぞれ2倍、3倍になっていることがわかります(相似比、面積比を習わなくてもわかるはず)。

twitter-math-4-squares-answer2

上記のような三角形を考えます。

面積3と面積12の正方形の辺の長さの和と面積27の正方形の辺の長さは1:1なので、面積27の上辺は三角形の中点を通っているのがわかります。よって、三角形の下辺の長さは③。

したがってこの三角形の面積が27ということがわかります。

twitter-math-4-squares-answer3

ここで、以下のように大きな正方形を書きます。

twitter-math-4-squares-answer4

すると、大きな正方形の一辺の長さは⑨なので、面積は27×9=243。ここから面積27の三角形4つ分を引いたのが緑色の正方形の面積なので、243-27×4=135。

ということで、中学受験で出題されても良さげな問題ですね。おもろ。

生徒募集!

2018年度の受験生の指導がだいたい終わったので新しく生徒を募集したいと思います。残り枠わずかなのでお早めに。

 

  • 募集人数:5名 残り1名
  • 対象学年:中学生、高校生
  • 指導科目:英語、数学、物理、化学
  • 指導形態:Skypeによるオンライン指導
  • 指導曜日・時間:要相談
  • 料金:1時間5,000円
  • 体験指導あり

 

まずは体験指導から。ご希望の方は以下のお問い合わせページからご連絡ください。

お問い合わせ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA