中学理科の解説

中学理科の天体・透明半球をイメージしやすくなるやつ作った

透明半球

中学理科でイメージしにくくてわかりにくいところといえば天体ですね。その中でも透明半球はわかりにくいので、それを立体的に確認できるやつを作りました。しかも自分で操作して遊べるので教科書の2億倍わかりやすいはずです。

実際のコンテンツはGeoGebraで作りました。その解説はYouTubeにアップしたのでまずはそれをご覧ください。

 

自分でいじってみたいという人は以下のリンク先でどうぞ。スマホだといじれないかも。

GeoGebra:透明半球

 

これからもGeoGebra使って色々作っていきたいと思ってるので、「こんなん作って!」ってのがある人はTwitter(@hiro_studish)かこの記事のコメント欄までお願いします!

 

「月の満ち欠け」や「金星の見え方」のやつもあります↓

moon
「月の満ち欠け」を立体的に理解するためのやつ作った。中3理科の天体で「月の満ち欠け」について勉強すると思うんですが、教科書とかだと平面で解説されてるのでわかりにくいって声をよく聞くのでGeoGebraを使って立体的に理解するやつ作りました。しかも自分で操作できるので理解しやすい!GeoGebra素晴らしすぎる!...
金星
金星の見え方(年周運動)を立体的に理解するやつ作った。金星の見え方(年周運動)を立体的に理解できるやつをGeoGebraで作りました。公転面の傾きなど細かい点は無視してますが、金星の大まかな見え方を理解するだけならこれで十分でしょう。...
生徒募集!

2018年度の受験生の指導がだいたい終わったので新しく生徒を募集したいと思います。残り枠わずかなのでお早めに。

 

  • 募集人数:5名 残り1名
  • 対象学年:中学生、高校生
  • 指導科目:英語、数学、物理、化学
  • 指導形態:Skypeによるオンライン指導
  • 指導曜日・時間:要相談
  • 料金:1時間5,000円
  • 体験指導あり

 

まずは体験指導から。ご希望の方は以下のお問い合わせページからご連絡ください。

お問い合わせ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA