問題集・参考書

「基礎英語頻出問題総演習」の難易度、特徴まとめ

基礎英語頻出問題総演習-サムネイル

「英語頻出問題総演習」についてまとめました。一口に文法問題集といっても、どんな問題がどれだけ掲載されているのか、解説はどのくらい詳しいのかなどによって用途が異なるので、この記事を読んで本当に使うべきかよく考えてみましょう。

 

構成と問題数

問題数は以下の通りです。

基礎英語頻出問題総演習-問題数

文法・語法問題がバランスよく掲載されていますね。口語問題や発音・アクセント問題用にCDもついてます。

ちなみに英頻3部作の「英語頻出問題740」は800問、「英語頻出問題総演習」は約2400問です。

文法別の問題数は「英語頻出問題740」とほぼ同じですが、「基礎英語頻出問題総演習」の方がイディオム、語彙、発音・アクセントの問題が多くなっています

 

項目名からは少しわかりにくいですが、第1章の重要構文の問題も文法問題の一部と考えてOKです(第1章の目次は以下のようになっているので、見ればわかると思います)。

基礎英語頻出問題総演習-目次

 

書き換え問題や訂正問題もある

基礎英語頻出問題総演習-書き換え問題

書き換え問題や訂正問題などが掲載されているのも「英語頻出問題740」との違いですね。上位校になればなるほどそういった難度が高い問題が増えていきますからね。

とはいってもそこまで多くはなく、多くは選択問題、空所補充問題、語句整序問題です。

 

問題タイプごとに並んでない

基礎英語頻出問題集-問題の並び方

本書は「空所補充問題」とか「語句整序問題」などのように問題タイプごとに並んでいないのが、デメリットの1つですね。

入試傾向を踏まえた上で空所補充問題だけやりたいときなどは不便です。

 

難易度

適正難易度としては偏差値55〜65の大学入試だと考えておけばOKです。

といっても上位になればなるほど文法問題単独での出題は減っていきます。

じゃあ、この問題集いらないじゃんと思うと思いますが、そうでもないんですよね。たしかに上位校になればなるほど、文法問題自体の対策はコスパが悪くなっていきますが、長文を読むためには必要です。

特に第1章の構文や第3章のイディオムは長文を読む上で重要です。

 

基本文法を勉強してから使おう!

基礎英語頻出問題総演習-問題 基礎英語頻出問題総演習-解説

中身を見ればすぐにわかりますが、本書の解説はかなりあっさりしてます。なので体系的に文法を学ぶことはできません。あくまでも基本的な文法を一通り勉強してから使う問題集ですね。

 

まとめ

さいごにまとめておきます。

  • 問題数は約1700題
  • 適正偏差値は55〜65
  • 書き換え問題や訂正問題なども少しある
  • 問題タイプごとに並んでない
  • 口語問題・発音問題・アクセント問題は音声CDあり
  • 基本文法を勉強してから使うと良い

 

英頻3部作の「英語頻出問題740」と「英語頻出問題総演習」については以下の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
英語頻出問題740-サムネイル
「英語頻出問題740」の難易度、特徴まとめ「英語頻出問題740」についてまとめました。一口に文法問題集といっても、どんな問題がどれだけ掲載されているのか、解説はどのくらい詳しいのかなどによって用途が異なるので、この記事を読んで本当に使うべきかよく考えてみましょう。...
あわせて読みたい
英語頻出問題総演習-サムネイル
「英語頻出問題総演習」はこう使え!問題数、特徴まとめ受験生なら誰もが知っている「英語頻出問題総演習」、略して「英頻」の問題数や特徴についてまとめました。同じシリーズの「英頻740」や「基礎英頻」とは明らかに異なる構成なので、この記事を読んでから使うかどうかを決めましょう。...

 

英頻3部作を比較した記事もあるのでこちらもどうぞ。

あわせて読みたい
英頻3部作-サムネイル
英語頻出問題(英頻)3部作を徹底比較!受験生なら誰もが知ってる「英頻」についてまとめました。3つのレベルに分かれていますが、具体的に何が違うのか、問題数や掲載されている問題タイプなど詳しく解説してあります。後半では英文法の問題集は結局どれが良いのか、についても解説してあるので参考にしてください。...
Twitterで質問受付中!

受験勉強や教材などについて質問や相談がある方はTwitterをフォローしてからDMしてください!24時間以内に返信するようにします!

 @hiro_studishのプロフィール