大学入試新制度/新共通テスト/民間英語試験

共通テスト、英語民間試験に対する阪大の対応(随時更新)

共通テスト、英語民間試験に対する阪大の対応(随時更新)、アイキャッチ

共通テストの記述式問題、英語民間試験の利用について阪大の対応について2019年10月時点で公表されている情報をまとめました。受験生はぜひ参考にしてみてください。

新共通テスト、英語民間試験に関しては以下の記事も参考になると思います。

文科省CEFRのコピー
新大学入試で利用される英語民間試験まとめ(随時更新)2020年(令和2年)からスタートする大学入試で利用される英語民間試験の情報をまとめました。各試験の料金、試験内容・方式、スコアなど受験...
これさえ読めばわかる!新共通テストの重要ポイント、アイキャッチ
これさえ読めばわかる!新大学入試制度の重要ポイント2020年から始まる新大学入試制度のポイントをまとめました。大きく変更されるのは英語と数学。特に英語は民間試験の利用が広がるので注意が必...

まだ確定してない部分もあるので、わかり次第、加筆修正していきます。

*追記
2019年11月1日のニュースで、英語民間試験の実施延期が決まったと報道がありました。文科大臣によると2024年(令和6年)の実施に向けて改めて検討するようです。いやー良かったですね。あとは共通テストの記述問題がなくなればさらに良いんですけどね。参考:NHK WEB NEWS、萩生田文科相 英語試験 抜本的に見直し 5年後実施に向け検討

英語民間試験について

阪大は以下のように公表してます。

 

新テストの枠組みにおける5教科7科目の位置づけとして、独立行政法人大学入試 センターが大学入試英語成績提供システムへの参加要件を満たしていると確認した 資格・検定試験(以下「認定試験」という。)を一般選抜の受験者に課すとともに、 2023年度までは、センターの新テストにおいて実施される英語試験を併せて課します。 認定試験の成績は、本学への出願資格として活用し、出願資格の具体的な基準は、 CEFRの対照表において「A2」レベル以上とします。なお、今後、特別な事情等により認定試験を受験できない場合等の取り扱いについても検討し、今年度中を目途に公表する予定です。

出典:2021年度入学者選抜からの変更について

 

阪大も東大と同じく、出願資格として活用するようです。センターの英語も受験して、民間試験も受けるってのはやはりなんか変な感じですね。片方だけで良いのではw

記述式問題について

共通テストの記述式問題についてはこんな感じ。

 

国語の記述式問題は、段階別成績表示を点数化し、マークシート式の得点に加点して活用します。 数学の記述式問題は、従来のマークシート式と同様の取り扱いとします。

出典:同上

国語は加点(点数化)するみたいですが、北大とは違ってどの評価段階で何点加点するか明確になってません。今後の情報開示を待つしかないですね

数学については他旧帝大と同じ対応です。

2次試験について

2次試験について気になる文言を発見しました。

 

(2)個別学力検査(二次試験)

1論理的思考力・判断力・表現力を評価するため、高度な記述式問題を出題します。

2学力試験によっては測ることのできない能力や態度をより適切に評価する方法については、本学のアドミッション・ポリシーに掲げる人材像を踏まえ、新学習指導要領に移行した後の2025年度入学者選抜に向けて、検討を進めていきます。

出典:同上

「2次試験で高度な記述式問題を出題します。」とありますね。これだけでは具体的にどのような問題が出題されるのかわからないですが、阪大を志望する受験生は準備しておいたほうが良さそうです。

 

ということで阪大の現時点での対応はこんな感じですね。

新共通テスト、英語民間試験に対する東大の対応、アイキャッチ
新共通テスト、英語民間試験に対する東大の対応(随時更新)共通テストの記述式問題、英語民間試験の利用についての東大の対応について2019年10月時点で公表されている情報をまとめました。受験生はぜ...
生徒募集!

2018年度の受験生の指導がだいたい終わったので新しく生徒を募集したいと思います。残り枠わずかなのでお早めに。

 

  • 募集人数:5名 残り1名
  • 対象学年:中学生、高校生
  • 指導科目:英語、数学、物理、化学
  • 指導形態:Skypeによるオンライン指導
  • 指導曜日・時間:要相談
  • 料金:1時間5,000円
  • 体験指導あり

 

まずは体験指導から。ご希望の方は以下のお問い合わせページからご連絡ください。

お問い合わせ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA