神奈川県公立高校入試

2020年実施 神奈川県高校入試 数学 問2(カ)解説

神奈川県高校入試、数学、問2(カ)-5

2020年(令和2年)2月14日に実施された神奈川県高校入試の数学の問2(カ)の解説をアップしました。この問題は標準的な難易度だったと思います。解法も複数ありますが、ここでは理解するのが一番簡単そうなものを紹介します。

問3(ウ)、問4(ウ)、問6(ウ)の解説もあります。

神奈川県高校入試、数学、問3(ウ)-2
2020年実施 神奈川県高校入試 数学 問3(ウ)解説2020年(令和2年)2月14日に実施された神奈川県高校入試の数学の問3(ウ)の解説をアップしました。この問題は標準的な難易度だったと思...
神奈川県高校入試、数学、問4(ウ)-2
2020年実施 神奈川県高校入試 数学 問4(ウ)解説2020年(令和2年)2月14日に実施された神奈川県高校入試の数学の問4(ウ)の解説をアップしました。この問題は昨年と同じくらいの難易度...
神奈川県高校入試、数学、問6(ウ)-3
2020年実施 神奈川県高校入試 数学 問6(ウ)解説2020年(令和2年)2月14日に実施された神奈川県高校入試の数学の問6(ウ)の解説をアップしました。この問題は例年の空間図形の問題、紐...

 

2020年2月14日実施、神奈川県高校入試、数学

神奈川県高校入試、数学、問2(カ)-1

これが最初の状態。円周角の定理を用いた求角問題は、「求めたいところの一歩手前」を考えるのがセオリー。今の場合、 \angle ODC を求めたいのですが、 \angle AOD\angle ACD がわかれば四角形の内角の和を利用して求められそうです。

 

神奈川県高校入試、数学、問2(カ)-2

\stackrel{ \Large \frown }{ BD } に対する中心角は \stackrel{ \Large \frown }{ AB } の半分。すると、\angle AOC = 180^\circ - 54^\circ = 126^\circ

神奈川県高校入試、数学、問2(カ)-3

よって、\stackrel{ \Large \frown }{ AD }(Eを含む側)に対する中心角は \angle AOD = 360^\circ - 126^\circ = 234^\circ

神奈川県高校入試、数学、問2(カ)-4 神奈川県高校入試、数学、問2(カ)-5

したがって、\stackrel{ \Large \frown }{ AD } (Eを含む側)に対する円周角は \angle ACD = 234^\circ \div 2 = 117^\circ

よって、\angle ODC = 360^\circ - ( 54^\circ + 126^\circ + 117^\circ ) = 63^\circ

 

初期設定で直径が書かれているので直径に対する円周角 = 90^\circ を使いそうです(もちろんそれでも解けます)が、上記の方がシンプルです。

オンライン指導、生徒受付中!

個別指導歴15年、オンライン指導歴5年の私がマンツーマンで丁寧に指導します。「テスト前にわからないところだけ解説してもらいたい!」という方もぜひどうぞ。

  • 対象学年:中学生、高校生、浪人生
  • 指導科目(高校):数学、物理、大学受験指導
  • 指導科目(中学):数学、理科、高校受験指導
  • 指導形態:SkypeまたはZoomによるオンライン指導
  • 指導曜日・時間:要相談
  • 料金:1時間5,000円(税抜)
  • 体験指導:60分(ヒアリング含む)

 

体験指導をご希望の方、オンライン指導に関してご質問がある方は以下のお問い合わせページからご連絡ください。体験指導や指導料金などについて詳しい資料をお送りします。

お問い合わせ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA